第1回ピンクリボンデザイン大賞 「コピー」部門 優秀賞/Yahoo! JAPAN賞

安田 健一さん

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
コピーの目的は、乳がん検診に行ってもらうことです。いきなり「外科に行きましょう」と言われても気持ちに届かないので、どの角度からメッセージを送ればいいか考えました。そこで、「女性の病気は、産婦人科に行かなければいけない。」という誤解を見つけ、「産婦人科に行くのだと、思ってました。」というコピーにしました。
 
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
コピーに対して、発見とか本音にふれることが重要なのだと、再認識しました。 受賞の話を人にするときには、「外科でも検診受けれますよ」と、口頭でピンクリボン活動してました。
第2回ピンクリボンデザイン大賞への応募者の皆さんに一言
この広告は、命に関わるテーマなので、茶化したり、怖がらせたりしないよう、注意が必要だと思います。