第1回ピンクリボンデザイン大賞 「コピー」部門 入選

古屋 弥生さん

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
乳がんの怖さや危機意識をあおるだけのコピーよりも、何か具体的なアクションにつながるメッセージを発信したいと思いました。私自身乳がん適齢期の女性であり、また実際に叔母を乳がんでなくしています。刺激が強いだけの言葉よりも素直な情報の方が、自分自身が言われたときに抵抗なく受けとめることができ、かつ人生に活かせるのではないだろうか、と感じたからです。
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
大きな変化はありませんが、小さな自信にはなりました。選んでいただいた理由は今もってよくわからないのですが・・・。日頃教えていただいている方にご恩返しができたかな?という面でも、ありがたいと思っています。
第2回ピンクリボンデザイン大賞への応募者の皆さんに一言
デリケートなテーマだけに、何をどう伝えようか悩むプロセスが勉強になりました。
ぜひ、ご応募を。