第2回ピンクリボンデザイン大賞 「コピー」部門 Yahoo! JAPAN賞

飛田 哲志さん(男)

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
自分の本当の気持ちがわからない時に、胸に手をあててみたりもするんですが、結局わからず終い…。そんな時ふと、心の中以上に体の中のことってわからないんじゃないかと思いました。わからないからこそ早期受診が大事なんじゃないかと。女性たちにセルフチェックだけじゃわからないこともあるってことが伝えたくてこのコピーを書きました。
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
受賞の話になると、仲間が「何の賞だっけ?」って聞いてくるので「ピンクリボン」って言うんですけど、なかなかピンと来ないみたいです。地元、愛知ではまだあまり知られてないようなので僕が少しずつ広めていけたらなあって思ってます。機会があったら名古屋でピンクリボンフェスティバルをやって欲しいなって思います。
第3回ピンクリボンデザイン大賞への応募者の皆さんに一言
医者でも、看護師でもない僕が人の命を救える手助けができるとしたら「コトバ」なんじゃないかと思って応募しました。こんどは、みなさんと一緒に「誰かの命」を救うきっかけとなる「ひとこと」をつくっていきたいですね。どんどん応募してみんなのチカラでピンクリボン運動を広めて行きましょう!!