第2回ピンクリボンデザイン大賞
「ポスター」部門 優秀賞
芦川 久美子さん(女・32歳) 日本経済広告社

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
まさか自分が乳がんに。っていうのは正直誰も最初は思わないんだと思います。しかも乳がんが命を落とす危険性のあるがんっていうのさえも知らない女性が多い…。だからこそ、まずその危険性っていうのは女性はだれでももっているっていうのをマッチ棒のアイディアで表現し、乳がんに対する意識をもっと高く持ってほしいと思いました。
 
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
周りの女性から、よく声をかけられましたし、周りで乳がんの話をすることが多くなりました。
第3回ピンクリボンデザイン大賞への応募者の皆さんに一言
とてもデリケートな問題なので、表現方法がむずかしいと思います。でもこうやってこの賞に参加するとき、乳がんについて考える最初の時間かもしれない。そして皆さんの考えが、周りの女性に浸透していって、より周りの女性が検査をうけてくれるようになってほしいので、この賞にたくさん応募してほしいと思います。