第3回ピンクリボンデザイン大賞 「マグカップ」部門 入選

後藤 知美さん(女・28歳)

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
「いつまでも女性に美しく咲き続けてほしい」というコンセプトで、花を女性のシンボルである胸に見立て、ピンク色の花の咲く木と女性を描きました。美しい花が、永遠に咲き続けることはとても困難なことです。世の中の女性が健康で、美しく生活できるように・・・。祈りつつ、また、女性が社会で活躍する世の中で、実際働いていて忙しく、検診に行くことが困難な状況にある女性たちに検診の意識をもっと高めてもらいたいという願いを込めてデザイン制作致しました。
 
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
締め切り前日に応募し、まさか受賞できるとは思っていませんでしたので、とてもうれしく思い、自分自身の自信につながりました。インターネットや朝日新聞の取材広告を見た知人から、久々に連絡を頂き、また、ピンクリボンの存在を知らなかった身近な方に、ピンクリボンの意味を知ってもらうことができ、少しでも世の中の方の為にお役に立てたことが誇りに思います。
第4回ピンクリボンデザイン大賞への応募者の皆さんに一言
コンセプトを考えるととても難しいですが、自分自身表現したいアイデアを率直に表現することが大切だと思います。あと、制作する過程でピンクリボンの意味合い、検診の大切が理解でき、自分自身の意識を高める良い機会になりました。