第5回ピンクリボンデザイン大賞 「コピー」部門 優秀賞

石本 香緒理さん(女・26歳)
共同制作者 木下 芳夫さん(男・31歳)

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
乳がんは「早く」見つけることが大切、ということです。
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
友人(20代)たちと話すとき、乳がんについて、検診についての話題が出てくるようになりました。また、「今まではあまり気にしていなかったけど、検診に行ってみる」という声も上がりました。
私自身は、その他の病気についても自分のこととして捉えることができるようになりました。
第6回ピンクリボンデザイン大賞への応募者の皆さんに一言
応募時に乳がんについていろいろ調べたり考えたりすることで、自分の知識は増えます。それはとても良いことですが、それだけにとどまらず、周りの人に伝えることも大切だと思います。
心に響く言葉や表現をつくること、日常のなかで周りの人に話すこと。そして、病気になった方への配慮を忘れないこと。
みんなが考え行動してくれることを目指して、メッセージを発信できればいいなと思います。
(石本 香緒理さん)