第7回ピンクリボンデザイン大賞
「ノベルティ」部門 優秀賞

笹山 真由美(女)

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
乳ガンについていろんな話を聞いたり、知ったりしていても、どこかで自分だけは大丈夫という風に思っている人は多いと思うが、誰でも病気になる可能性はあるという事をわかってもらいたい。面倒かもしれないが、定期的に検診を受ける事で、早期発見出来る事をもっと深く考え理解して欲しい。一人でも多くの人が検診を受け、手遅れにならないようにしてもらいたいという思いから、女性らしいやわらかい感じが出るよう、刺繍モチーフでメッセージを縫い止めたデザインにした。
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
友達や知人など、ピンクリボンについて知ってもらえた事と検診を受ける大切さを前向きに考えてもらえるようになったのは良かったと思う。 
第8回「ピンクリボンデザイン大賞」への応募者の皆さんに一言
病気になっている人達の励みになるものやなかなか病院に行けない人達などへ響くもの、
心に訴えかけるものをデザインしていってもらいたい。