第7回ピンクリボンデザイン大賞
「ノベルティ」部門 入選

鈴木 英治(男・43歳)

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
自分が検診を受け、その必要性を実感してもらう。
そしてそれを周りの人たちに、伝えていき、それがまた広がっていく。
タンポポの綿帽子のように、“想い”が離れた場所まで飛んでいき、
花の咲く場所が多くなればよいな、と考え作成しました。
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
自分は男なので、こういう問題には触れにくいと考えていましたが、
それではダメなんだなと。
表現の仕方には工夫が必要ではありますが、
周りの女性の友人・知人にも
勧めていく必要はあると今では思っています。
第8回「ピンクリボンデザイン大賞」への応募者の皆さんに一言
コンペに参加をするだけでも、
意識は変わるものなんだと実感しています。
男女関係なく、多くの方が参加することで 
確実に“変わる”気がします。