第7回ピンクリボンデザイン大賞
「ポスター」部門 佳作

和田 佳菜子(女・27歳)
共同制作者 折坂 賢太(男・28歳)

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
自分自身がそうだったのですが「乳がん検診」というものに対して
はじめての人はどうしても壁を感じ、恐れを抱いてしまうと思います。
だから、とにかく検診が「日常」の延長線上にあることを表現し、
少しでも「検診」のハードルを下げることを目指して作りました。 
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
周りは特に変わらないですが、 
こういう形で褒めてもらえると、自分自身の中では
頑張りつづけるモチベーションをもらえ、とてもありがたいです。
第8回「ピンクリボンデザイン大賞」への応募者の皆さんに一言
何度か検診を受けましたが、やっぱり検診当日はちょっとドキドキして怖いので
そんな気持ちを払拭してくれる作品が見られたらうれしいなぁと
一人のターゲットとして思います。私もまたそういうのを作れるよう頑張ります。 

(和田 佳菜子)