第7回ピンクリボンデザイン大賞
「ポスター」部門 佳作

市田 啓幸(男・22歳)
共同制作者 須賀 政旭(男・22歳)

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
実際、わざわざ乳がん検診に行くのは億劫だと思います。せっかくの空いた時間は趣味に使いたいかもしれません。そんな女性に「思い出したらちょっと中断して検診に行こう」というメッセージを込めて制作しました。
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)  
googleで自分の名前を検索すると引っ掛かるようになって、ちょっとテンションが上がりました。
私はこのコンペに応募するまで乳がんの知識はありませんでした。
ポスター制作を通して、ピンクリボン活動について調べて詳しくなりました。受賞も嬉しかったですが、
乳がんに対する常識を知る事が出来たのもよかったです。
第8回「ピンクリボンデザイン大賞」への応募者の皆さんに一言
今年も応募者になろうかと思います。次は最優秀賞をとりたいです。

(市田 啓幸)