第7回ピンクリボンデザイン大賞
「ポスター」部門 佳作

崎谷 元貴(男・35歳)

受賞作品に込められたメッセージは何でしょうか?
今までのピンクリボン活動を通し、多くの方に
乳がん検診の重要・受診促進のメッセージは広く伝わっているとおもいました。
と、同時に、一度受診したから安心と言う方も増えてきたように思います。
今一度、乳がん検診へ対する 意識改革 を起こす目的でつくりました。
一言「定期」をつける事で不思議と重要度が増す気がします。
受診促進とともに、検診のリピート率を上げ→定着化までの大切さを感じて頂きたかった。
受賞後、何か変わったことはありますか?(周りでもご自身でも)
様々な人との会話の中で、受賞の話から、自然に乳がん検診への話題になり
乳がんをはじめ、健康について話し合う機会が増えました。
第8回「ピンクリボンデザイン大賞」への応募者の皆さんに一言
自分が作ったモノで、一人でもHappyになれると素敵じゃないですか。
考えよう。つくろう。その姿勢自体がピンクリボン活動だと思う。
ご近所お誘い合わせの上、応募しましょう!(僕も含め、ね。)