1. ホーム
  2. イベント
  3. ピンクリボンセミナー

ピンクリボンセミナー

~20-30代女性のためのカラダケアセミナー~

ピンクリボンフェスティバルがスタートした2003年当時、日本人女性の30人に1人が一生涯にかかると言われた乳がん。今や11人に1人という身近な病気になり、関心も高まっていますが、20~30代の若い女性からは「不安に思う」「私はどうしたら良いの?」など心配の声が多いことが分かりました。
そこでピンクリボンセミナーでは、20歳~35歳の女性に向けて、正しい乳がんとブレストケアについての知識をお伝えいたします。

開催概要

日時 2018年9月15日(土) 14:00~15:20 (開場13:00)
会場 JR新宿ミライナタワー 12階-A
新宿区新宿4-1-6(JR新宿駅 ミライナタワー改札直結)
定員 200名(対象:20歳~35歳の女性)
主催 ピンクリボンフェスティバル運営委員会
(日本対がん協会・朝日新聞社ほか)
特別協賛 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(株)
協賛 大鵬薬品工業(株)
協力 丸富製紙(株)
支援 (株)ワコールホールディングス

プログラム

下記プログラムは変更になる可能性がございます

13:00開場、受付スタート

14:00~

第1部 ピンクリボン講演
講師:山内 英子先生(聖路加国際病院 副院長)

14:30~

第2部 ゲストトークショー
ゲスト:AYAさん(クロスフィットトレーナー)

15:10~

第3部 お楽しみ抽選会

ゲスト:AYA さん(クロスフィットトレーナー兼フィットネスモデル)

1984年生まれ。
Reebok Brandアンバサダー。学生時代から陸上、水泳、バレーボール等に取り組み、体育系の大学を卒業後、ジムトレーナーに。同時にモデルとしても活動していたがモデルの仕事の為に筋肉がつくことを恐れて運動を中断する。その頃、タフな海外モデルの存在を知り、運動を再開。運動強度の高い米国発祥のトレーニング「CrossFit」と出合い、「最高のトレーニング」を目指してオリジナルのAYA’s Boot Campプログラムを考案する。タレント・モデルをはじめとして男女を問わず体への意識の高い多くのクライアントが信頼を寄せる存在。


専門医:山内 英子 先生(聖路加国際病院 副院長 ブレストセンター長 乳腺外科部長)

1987年順天堂大学医学部卒業。
聖路加国際病院外科レジデントを経て1994年渡米。ハーバード大学ダナファーバー癌研究所等で研究に従事。ハワイ大学にて外科チーフレジデント修了後、外科集中治療学臨床フェロー。南フロリダ大学モフィット癌センターにて臨床と研究に従事。2010年6月より聖路加国際病院ブレストセンター長・乳腺外科部長。米国外科学集中治療専門医、米国外科認定医。日本乳癌学会理事。2017年4月より副院長兼務。アメリカでの乳がんの研究、臨床経験を生かして、患者に寄り添う診療を目指している。


進行:鶴淵 さやかさん(フリーアナウンサー)

参加記念品は、オリジナルのパッチワークベアトートをプレゼント!

会場には協賛企業やピンクリボンフェスティバルのブースも出展。
ぜひお気軽にお立ち寄りください!

この機会に正しく乳がんやブレストケアについて学び、そしてご自身の健康についてすこしでも考えるきっかけにしましょう!

申込期間:8月8日(水)~9月4日(火)

ピンクリボンフェスティバルとは

イベント紹介

乳がんとは

がん相談ホットライン
ページ上部へ戻る