Pink Ribbon Festivalピンクリボンフェスティバル

山内英子先生のメッセージをアップしました

日本対がん協会における新型コロナ対策シリーズに、
山内英子・聖路加国際病院副院長 乳腺外科部長のメッセージを追加しました!

ピンクリボンフェスティバルを運営する日本対がん協会による「緊急シリーズ:がん患者さんのための新型コロナウイルス対策」のシリーズに、山内英子・聖路加国際病院副院長 乳腺外科部長のメッセージ2本を追加しました。

新型コロナウイルス感染は収まってきたようにみえますが、第2波第3波の不安があります。乳がん患者さんは今後、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

1本目の動画「乳がん治療と生活、新型コロナの注意点」では、ホルモン治療など、治療法による乳がん患者さんの新型コロナ感染・重症化リスクや、第2波第3波を見据えて今後、新型コロナウイルスへの対応で注意すべきことを伺いました。

2本目の動画「乳がん治療のオンライン診療」では、オンライン診療でも通常の外来診療と同じ診察が可能なのか。乳がん患者さんが、オンライン診療を活用できるシーンを伺うと共に、新型コロナ感染が再度拡大した時に備えて、連携クリニックを探すポイントを、山内先生にアドバイスしていただきました。

ぜひ動画をご覧いただき、新型コロナウイルス対策にお役立てください。

See more
HOT LINE
日本対がん協会がん相談ホットライン
03-3541-7830 03-3541-7830
相談
無料
月〜日(祝日を除く)10:00〜18:00
がん相談ホットライン相談受付日変更のお知らせ(6月1日~)
※看護師と社会福祉士がご相談をお受けします。