ピンクリボンフェスティバル | ピンクリボンフェスティバル公式サイト

Pink Ribbon Festivalピンクリボンフェスティバル

誰もが⾃分らしく、ずっと笑顔で暮らせるように。乳がんのこと、正しく知って、みんなで⽀え合いましょう。

ピンクリボンフェスティバル
とは

乳がん検診の⼤切さを伝え、
患者さんを⽀えていく。

ピンクリボンフェスティバルは、2003年より朝日新聞社等とともに各地で乳がんの早期発見・適切な治療の大切さを伝える活動を続け、今年で20年目を迎えます。乳がんで命を落とす方が一人でも減らせるよう、乳がん検診受診率の向上を目指し、さらに、患者さんとそのまわりの人たちを支える活動にも取り組んでまいります! また、「一人ひとりが年齢、考え方、生活様式や立場によって必要な情報が異なる」という課題に対応するため、「MY PINK ACTION 知ろう、自分と乳がんのこと。」を新たなスローガンに設定しました。

乳がんの普及啓発
  • 乳がんや乳がん検診の正しい知識を伝える
  • 自分の乳房の状態に日頃から関心を持ち、40歳になると定期的な検診を受ける「ブレスト・アウェアネス」※の大切さを伝える
  • 若い世代にも関心を促す
  • 女性だけの問題にしたくない
  • 日本や海外の乳がんの現状
    を伝える
乳がんの患者・家族等の支援
  • 最新の治療情報や生活面で必要とされる情報を伝える
  • 患者さんやサバイバーに
    勇気と元気を!

※ブレスト・アウェアネスとは

自分の乳房の状態に日頃から関心を持ち、乳房を意識して生活することで、乳がんの早期発見につながります。以下の4項目を実践しましょう。

  1. 自分の乳房の状態を知るため、乳房のセルフチェックを。セルフチェックの方法はこちら
  2. 気をつけなければいけない乳房の変化を知る(しこりや血性の乳頭分泌など)
  3. 乳房の変化を自覚したら、すぐに医療機関に行く
  4. 40歳になったら定期的に乳がん検診を受ける

(出典:日本乳癌学会編「2019年度版患者さんのための乳がん診療ガイドライン」)

協賛企業

協賛

日本イーライリリー株式会社、 富国生命保険相互会社、 ホクト株式会社

協力

キリンビバレッジ株式会社、 ジュピターショップチャンネル株式会社、 スコラゲン株式会社、 住友生命保険相互会社、 セコム損害保険株式会社、 大樹生命保険株式会社、 大鵬薬品工業株式会社、 株式会社トライ・インターナショナル、 日本生命保険相互会社、 ユニ・チャーム株式会社

協賛についてのお問い合わせはこちら

2022年度の活動

CAMPAIGNキャンペーン

ピンクの日

MY PINK ACTION 知ろう、自分と乳がんのこと。

2022年度の運営組織

主催

ピンクリボンフェスティバル運営委員会

六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、虎ノ門ヒルズ、東京ミッドタウン、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、神戸市、神戸商工会議所、神戸新聞社、朝日新聞社、日本対がん協会

協賛

日本イーライリリー株式会社、富国生命保険相互会社、ホクト株式会社

協力

キリンビバレッジ株式会社、ジュピターショップチャンネル株式会社、スコラゲン株式会社、住友生命保険相互会社、セコム損害保険株式会社、大樹生命保険株式会社、大鵬薬品工業株式会社、株式会社トライ・インターナショナル、日本生命保険相互会社、ユニ・チャーム株式会社

後援

厚生労働省、東京都、兵庫県、日本医師会、日本看護協会、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本癌治療学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

広報支援

ソニーネットワークコミュニケーションズ

支援

森ビル、三菱地所、三井不動産、原宿表参道欅会、首都高速道路、名橋「日本橋」保存会、タワーホール船堀、乳房健康研究会、ザ ストリングス 表参道、ベストブライダル、大丸有SDGsACT5、新京成電鉄、Pink Ring

神戸フェスティバル支援

ピンクリボンフェスティバル神戸推進委員会[健康保険組合連合会兵庫連合会、KOBEホテル6社会、あけぼの兵庫、兵庫医科大学、楽天ヴィッセル神戸、健康づくり市民推進員、兵庫県看護協会、兵庫県、全国健康保険協会兵庫支部、兵庫県健康財団、兵庫県予防医学協会、本州四国連絡高速道路、神戸市、 神戸新聞社、朝日新聞神戸総局、日本対がん協会]、JR西日本

HOT LINE
日本対がん協会がん相談ホットライン
03-3541-7830
相談
無料
月〜日(年末年始を除く)10:00~13:00と15:00~18:00
※時間短縮しています。
※看護師と社会福祉士がご相談をお受けします。
03-3541-7830