1. ホーム
  2. ピンクリボンフェスティバルについて
  3. ピンクリボンフェスティバル2019

ピンクリボンフェスティバル2019

誰もが自分らしく、ずっと笑顔で暮らせるように。
乳がんのこと、正しく知って、みんなで支え合いましょう。

乳がん検診の大切さを伝え、患者さんを支えていく。

ピンクリボンフェスティバルは、2003年より朝日新聞社等とともに各地で「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える活動」を続け、今年で17年目を迎えます。乳 がんで命を落とす方が一人でも減らせるよう、乳がん検診受診率を向上を目指し、さらに、患者さんとそのまわりの人たちを支える活動にも取り組んでまいります!

2019年度の活動

啓発イベントスケジュール

エリア イベントなど 開催日 会場
全国 第15回ピンクリボンデザイン大賞 5月10日(金)~
7月1日(月)
(作品募集)
※10月5日(土)スマイルウオーク東京の
プログラム内で表彰式を予定
東京 ピンクリボンオープンセミナー 9月14日(土) クイーンズスクエア横浜
ピンクリボンシンポジウム 9月29日(日) 有楽町朝日ホール
ピンクリボンスマイルウオーク東京 10月5日(土) 六本木ヒルズアリーナ
神戸 ピンクリボンスマイルウオーク神戸 10月12日(土) スペースシアター

街から発信するキャンペーンスケジュール

東京 ピンクライトアップ 東京都庁 10月1日(日)~12日(木)
18:00~23:00
レインボーブリッジ 10月1日(火)日没~24:00
六本木ヒルズ 10月1日(日)日没~24:00
表参道ヒルズ 10月5日(土)日没~22:30
虎ノ門ヒルズ 10月1日(火)日没~24:00
日本看護協会 10月1日(火)17:00~21:00
タワーホール船堀 10月1日(火)日没~22:00
フェスティバルバナー 原宿表参道ケヤキ並木 9月30日(日)~10月5日(土)
神戸 ピンクライトアップ ホテルオークラ神戸 10月1日(火)日没~
モザイク内大観覧車 10月1日(火)日没~
明石海峡大橋 10月1日(火)日没~
かもめりあ 10月1日(火)日没~
フェスティバルバナー フラワーロード
(神戸国際会館以南東側)
フェスティバル期間中を予定
街頭キャンペーン 三宮センター街
(一丁目東側周辺)
10月1日(火)予定
大丸神戸店(北側周辺)

※天候や諸事情により予告なく変更や中止となる場合があります。予めご了承下さい。

ピンクリボンフェスティバル2019運営組織

ピンクリボンフェスティバル2019運営組織

ピンクリボンフェスティバル2019協賛企業(協賛プラン別一覧)

フェスティバル 特別協賛

ユニ・チャーム(株)

フェスティバル 協賛

カゴメ(株)

フェスティバル 協力

ジュピターショップチャンネル(株) スコラゲン(株) 住友生命保険(相)
セコム損害保険(株) 大樹生命保険(株) (株)トライ・インターナショナル
日本生命保険(相) (株)ファミリーマート BOAT RACE桐生
(株)レオパレス21 るるぶトラベル

スマイルウオーク東京 協賛

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(株)

スマイルウオーク東京 協力

ジニエブラ (株)ダスキン 森永乳業(株)

スマイルウオーク神戸 協力

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(株) (株)ダスキン モンロワール

シンポジウム 協賛

大鵬薬品工業(株)

オープンセミナー 特別協賛

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(株)

オープンセミナー 協力

丸富製紙(株)

デザイン大賞 特別協賛

キリンビバレッジ(株) 富国生命保険(相)

デザイン大賞 協賛

ホクト(株)

日本におけるピンクリボン運動(※)は、市民運動として草の根的に発展してきました。様々な団体が独自のロゴマークとしてそれぞれにリボンマークを作成し使用しています。
左のマークは「ピンクリボンフェスティバル」(日本対がん協会など主催)が所有するピンクリボンマークであり、ロゴマークです。許可なく使用することはできません。「ピンクリボンフェスティバル」にご協賛・ご支援いただいた場合、当事務局に得た上で当ロゴマークを使用することができます。


(※)ピンクリボン運動とは
ピンクリボンは、乳がん啓発活動を表す世界共通のシンボルマークです。「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」との想いから1980年代にアメリカでこの活動は始まり、2000年ごろから日本でも盛んになってきました。乳がん検診の早期受診を呼びかけるために、行政、市民団体、企業などが独自のピンクリボンマークを掲げ、様々な活動を行っています。日本対がん協会ほかが主催する「ピンクリボンフェスティバル」もそのひとつです。

がん相談ホットライン
ページ上部へ戻る