Pink Ribbon Festivalピンクリボンフェスティバル

SPONSORS 協賛企業の取り組み

ピンクリボンフェスティバル2020に協賛いただいている、
企業の皆さんのピンクリボン商品やサービス、ピンクリボン活動をご紹介いたします。

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品は「ピンクリボン活動」を応援しています

大鵬薬品は、「私たちは人びとの健康を高め 満ち足りた笑顔あふれる 社会づくりに貢献します。」の企業理念のもと、人々の健康を願い、患者さんや生活者の皆さまのQOL(Quality of Life:生活の質)向上のため、価値ある画期的な製品の開発に取り組んでいます。

2005年に経口抗がん剤「ティーエスワン」が乳がんの効能効果を追加取得し、これを機に乳がん患者さんへの支援を開始しました。2007年から日本対がん協会主催のピンクリボンフェスティバルへの協賛を始め、各地で実施しているピンクリボン運動を応援し、早期発見・早期診断・早期治療の大切さを啓発しています。

皆さん、そして皆さんの大切な人が「いつもを、いつまでも。」笑顔で過ごせるように、大鵬薬品はこれからも社内外のピンクリボン活動を応援していきます。

ジュピターショップチャンネル株式会社

ピンクリボンへの理解を深めていただく啓発活動を行っています

ショップチャンネルは「女性の皆様にいつまでも明るく、元気に過ごしていただきたい」という願いを込めて、2005年よりピンクリボン活動を応援しています。

毎年10月1日~31日をピンクリボンの活動強化月間としており、自社製作のピンクリボン啓発CMを放送することで、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを広く伝えます。

さらに、社員の理解も深めるため、全社員にピンクリボンバッジを配布し、10月は1カ月間着用します。また、社内にはピンクリボンフェスティバルのポスターを掲示し、社員およびその家族への乳がん検診を呼びかけ、受診率の向上を目指しています。

ショップチャンネル コールセンター 0120-000123

https://www.shopch.jp

ユニ・チャーム株式会社

ソフィはピンクリボン活動を応援しています。

ユニ・チャームが展開する生理用品「ソフィ」は、「はばたけ、わたし!」をスローガンに掲げ、全ての女性が「自分らしく、健やかに毎日を過ごせる」社会の実現に貢献する事を目指しています。

その様な社会を目指す「ソフィ」と「ピンクリボン活動」は親和性が高いと考え、2008年より協賛し今年で13年目を迎えます。

今年は、
①「ピンクリボン活動応援デザインパッケージ」商品の展開
②「ピンクリボン活動応援特設ページ」をソフィブランドサイト内に開設
③シンポジウムやオープンセミナーへの協賛
といった取り組みを実施し、ピンクリボン活動を応援して参ります。

また、8月半ばより展開予定のピンクリボン対象商品のお買い上げ金の一部をピンクリボン活動に寄付します。今年の対象商品は「ソフィボディフィット」「センターインふわふわ」「ソフィはだおもい」「ソフィ超熟睡ガード」です。

乳がんは、早期発見すれば決して治らない病気ではありません。女性の為の生理用品ブランドであるソフィは、ピンクリボン活動に参加することで、女性のみなさんに、乳がんのリスクについて考えてもらうきっかけをつくりたいと考えています。

ユニ・チャーム株式会社 〒108-8575東京都港区三田3-5-27

お客様相談ダイヤル 0120-423-001
受付時間(祝日を除く)月曜日~金曜日 9:30~17:00

ソフィピンクリボン活動応援特設ページ
https://www.sofy.jp/ja/campaign/pinkribbon.html

HOT LINE
日本対がん協会がん相談ホットライン
03-3541-7830 03-3541-7830
相談
無料
月〜日(祝日を除く)10:00〜18:00
がん相談ホットライン相談受付日変更のお知らせ(6月1日~)
※看護師と社会福祉士がご相談をお受けします。